多数のクライアントから EFS を利用する際 性能劣化を回避する

EFS は汎用 I/O パフォーマンスモード、最大 I/O パフォーマンスモードという2種類のモードがある。それぞれ整理する。