土. 10月 8th, 2022

開発している際 コンテナの mysql にどのようなクエリ走ったのか確認したいことがある。

スロークエリを 0秒に設定することで、DB にリクエストされた 全クエリを確認することができる。

mysql> show variables like 'slow%';
+---------------------+--------------------------------------+
| Variable_name       | Value                                |
+---------------------+--------------------------------------+
| slow_launch_time    | 2                                    |
| slow_query_log      | OFF                                  |
| slow_query_log_file | /var/lib/mysql/5c364d250748-slow.log |
+---------------------+--------------------------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

mysql> 

slow_query_log が OFF になっている場合、出力されない。

set global slow_query_log_file = '/tmp/mysql-slow.log';
set global long_query_time = 0;
set global slow_query_log = ON;

上記コマンドを実行し、再度確認すると、スロークエリが出力されるようになってる。

mysql> show variables like 'slow%';
+---------------------+---------------------+
| Variable_name       | Value               |
+---------------------+---------------------+
| slow_launch_time    | 2                   |
| slow_query_log      | ON                  |
| slow_query_log_file | /tmp/mysql-slow.log |
+---------------------+---------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

mysql> 

スロークエリが 0秒に設定されたか確認するのは

show global variables like 'long_query_time';

コマンドを実行する

mysql> show global variables like 'long_query_time';
+-----------------+----------+
| Variable_name   | Value    |
+-----------------+----------+
| long_query_time | 0.000000 |
+-----------------+----------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> 

結果


SET timestamp=1624328575;
INSERT INTO `xxx_transactions` (`id`,`operation`,`request`,`requested_at`,`response`,`responsed_at`,`metadata`,`status`,`failure_code`,`failure_message`,`created_by`,`created_at`) VALUES (105,'request',NULL,NULL,NULL,NULL,NULL,'succeeded',NULL,NULL,'123456789','2021-06-22 02:22:55.1492209');

無事流れたクエリを確認することができた。