水. 11月 30th, 2022

はじめに

`numpy`を使うと複雑な計算ができるようになるが、機会学習でよくつかう計算についてまとめた。

x転置x

.dotの後に、掛けるものを2つ置けばよい。

XtX= np.dot(X.T,X)
print(XtX)

逆行列

linear algebra(リニアアルジェブラ): 線形代数

numpyの場合は、linalg.invを使って描写する。

XtX_inv = np.linalg.inv(XtX)
print(XtX_inv)